トピックス

年度のトピックス/イベント

自動車用材料の高機能化研究会 第6回講演会のご案内(1/31)

 

近年、軽量化ニーズの高まりを受け、樹脂材料が、構造部材、内装材などに積極的に採用されています。そこで、それらの要素技術である、接着技術、成形技術、テクスチャ評価技術などについて、最近の開発状況や適用事例などを共有し、県内企業の利用促進を図ることを目的に、講演会を開催します。

 

今回は、自動車における最新のマトリックス樹脂と自動車用異種材接着剤、新しい発泡成形技術、形状とテクスチャ評価技術などについてご紹介します。

 

自動車用材料の高機能化研究会 第6回講演会

◆開催日時

2019年1月31日(木)13:30~16:30

◆会場

広島県情報プラザ 第1研修室(広島市中区千田町3-7-47)

 

◆内容

【講演1】

「コンポジット部品の量産化を可能にする

最新のマトリックス樹脂と自動車用異種材接着剤」

ヘンケルジャパン株式会社 トランスポート&メタル事業本部

テクニカルカスタマーサービスシニアテクニカルエンジニア

小出 夏木 氏

 

【講演2】

「新発泡成形技術「SOFIT」の紹介」

㈱日本製鋼所 広島製作所 射出機械部成形技術グループ

内藤 章弘 氏

 

【講演3】

「使い心地のサイエンス。形状とテクスチャ評価技術の紹介」

広島県立総合技術研究所 西部工業技術センター

生産技術アカデミー

横山 詔常 氏

 

【案内/申込】

自動車用材料の高機能化研究会 案内

ページトップへ