知的資産経営の支援

「知的資産経営」って何?

企業等の競争力の源泉としての、人材、技術、技能、知的財産(特許・ブランド等)、組織力、顧客とのネットワークなど、財務諸表には現れてこない資産を総称して「知的資産」といいます。また「強み(知的資産)」をしっかりと把握し、それを「見える化」することで業績の向上に結びつけることを「知的資産経営」といいます。

あなたの会社には、あなたが「強み」と気づいていないもっとアピールできる優れた点があるはずです。

会社の本当の「強み(知的資産)」は決算書には載っていません。あらためて棚卸しが必要です。

会社の「強み(知的資産)」を棚卸しし、会社の収益に繋げるツールとして、「知的資産経営」があります。

知的資産経営」を実践して、営業取引先、金融機関等に、会社の「強み」をアピールしませんか。

知的資産経営セミナーの開催

当財団では、自社の優れた知的資産を把握し、株主、顧客、従業員、金融機関といったステークホルダー(利害関係者)に周知する手段となる「知的資産経営報告書」の作成支援等のためのセミナーを開催します。

啓発セミナー
無料!
◯ 「知的資産経営」の概念や手法等を学べるセミナーです。
◯ 実際に取り組まれている企業の活用事例をご紹介します。
 (取組企業からの事例発表がある場合もあります。)
専門セミナー
無料!
◯ 実際に,自社の「知的資産経営報告書」の作成に取り組んでいただくセミナーです。
◯ ワークショップ形式で議論しながら,自社の「強み」「弱み」や経営の方向性などを再確認できます。
◯ 2~3回の連続講座となります。

セミナー風景 <セミナー開催の風景>

「知的資産経営報告書」を作成するメリットは?

  • 事業内容が「見える化」されるため、取引先、顧客からの信用度が高まり、営業促進につながります。
  • 会社の非財務情報が「見える化」されるため、金融機関などからの資金調達面で有利になります。
  • 社員一人ひとりの仕事が、どのようにして企業価値につながるかが明確になり、従業員の士気向上につながります。
  • 経営者と後継者が一緒に作成することによって、事業承継(経営そのものの承継)にも役立ちます。
担当窓口
公益財団法人 ひろしま産業振興機構 広島県中小企業知財支援センター
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ
TEL 082-240-7718 FAX 082-249-3232