• 新着情報
  • 令和2年度 中小・ベンチャー企業チャレンジ応援事業助成金のご案内

令和2年度 中小・ベンチャー企業チャレンジ応援事業助成金のご案内

中小・ベンチャー企業の新事業展開や新たなビジネスモデルの構築など、成長に向けたチャレンジを資金面(助成金)や専門的アドバイス等により支援し、さらに、国・県・産振構等の事業活用や連携により中小・ベンチャー企業の成長の加速及び企業の活性化を図り、もって地域産業の振興に寄与する事業の提案を下記のとおり募集します。

スケジュール

1次募集期間 令和2年3月10日(火)~令和2年4月24日(金)

制度概要

助成対対象者 県内に本社又は主たる事務所を有する中小企業者
助成対象事業

付加価値や利益率向上、新たな需要や雇用を創出等に向けた次に掲げる新たな取り組み

(1) 革新的な研究・技術開発や試作品開発及び生産プロセスの改善等

(2) 革新的なサービスの創出やサービス提供プロセスの改善等

(3) 新たなビジネスモデルの構築等

(4) 地域の特性や自らの基盤技術・サービスの優位性を活かした、ブランドの構築や新たな価値の創造等

(5) 第四次産業革命に向けて、IT・IoT・AI等を活用した生産性向上や開発等

助成対象経費

物品費(機械装置備品費、保守改造修理費、外注加工費、消耗品費)、専門家指導費(謝金、報酬費)、旅費(従業員旅費、専門家旅費)、委託外注費(委託費、外注費)、諸経費(賃貸借費、知財関連費、調査費、クラウド利用費、その他経費)
直接人件費-助成対象事業が(5)の場合のみ

助     成     率

 

助成対象経費の2/3以内

助 成 限 度 額

助成対象事業の(1)~(4)は300万円以内、(5)は500万円以内

助成期間及び終了後 

助成期間中は適宜進捗を報告いただき、終了後には成果報告会を行っていただきます。

実施スキーム

 

challengescheme2

 

制度の詳細

採択の方法(採択基準)

審査委員会での審査により決定します。審査は、原則として書類審査、申請者によるプレゼンテーションを行っていただきます。(実現性、発展性・市場性、新規性・独創性、地域貢献度)

各種様式 ※赤字で記入例を印字していますので、更新してご利用ください。

(様式1)提案書

(様式1の別紙1)事業計画書

(様式1の別紙1-1)事業内容等説明書

(様式1の別紙1-2)経費明細内訳書
※エクセルのinputシートに入力し、別紙1-2シートをご提出ください。また、export for様式1のシートは、様式1に貼り付けてください。

(様式2)提出書類チェックシート

人件費算出方法等

交付要領等

担当窓口

公益財団法人 ひろしま産業振興機構 ものづくり革新統括センター
開発支援担当(担当:池田、江盛、杉本)
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ3F
TEL 082-240-7712 FAX 082-242-7709