広島県内で創業・起業される方、創業された方必見の情報が盛りだくさん!!

(第2回)軌道に乗っている人がやっていた事!

 

こんにちは、ひろしま創業サポートセンター広報です。

新型コロナウィルスにより広島の経済も影響を受けていますが、それでも「創業したい!」という方にひろしま創業サポートセンターを気軽に利して頂きたい!
という事で、4回シリーズで創業マネージャーに相談者の現状など気になることを聞いてみました。

第2回は、多くの創業者を支援してきた創業マネージャーに創業の際に大切な事などを色々聞いてみました。

「創業する際に大切な事(準備)は何だと思いますか?」

 

 ★★★ しっかり事業計画を立てる(絵に描いた餅にならないように!)
事業計画書はこれから行う事業について内部要因、外部要因を明確にし、事業をどのように進めていくかを記したものです。
資金調達をする際に金融機関や協力者などの第三者に事業内容を理解してもらうよう作成することが多いですが、事業計画を立てることで、問題点や課題点を浮き彫りにできたり、実際に事業を開始したときの指標にできたりします。
事業計画の本質は下記の5点です。創業前の準備期間にしっかり検討しましょう。

  • 何を(どんな製品・商品・サービス)
  • 誰に(ターゲットの設定)
  • いくらで(価格の設定:経費 売上、利益)
  • どこで(店舗・ネット)
  • どうやって(販売促進・広告宣伝)

⇒何がしたいのか第三者に説明できるように考えてみる

⇒事業を継続するための自身の目安になる計画(目標)を!

 

「やりたい事」「できる事」「社会に求められている事」が合致する部分(仕事)を考えていること
起業する際に自分の経歴、経験、交流関係等を思い返して棚卸をしてみましょう。必ずその延長線上に自分の「やりたい事」「できる事」が見えてくるはずです。
その中で「社会に求められている事」かどうかを第三者の視点を交えて一緒に考えましょう。

⇒そのうえで必要な資格、許認可、資金を検証すること!

★自分で調べてみる。自分で考えてみることも大切。
事業の意思決定は経営者に委ねられています。第三者のアドバイスを聞くことも大事ですが、自ら調べ、考える力を養っておきましょう。

★ある程度自己資金をためる事
開業までにかかる費用や開業後数か月の運転資金を総称して創業コストと呼びます。
創業コストに対して最低でも2割程度は自己資金を確保しておきましょう。

★その業種についてしっかり調べる
資格や許可だけでなく、業種によっては慣例やルールがある場合もあります。
同業者(先輩創業者)との交友関係を深めることも大事な創業準備です。

★あきらめない確固たる(創業するという強い)意志
創業前、創業後に超えるべきハードル(課題)はたくさんあります。
強い意志を持って事業をスタート、継続させることが大事です。

 

 

 

 

事業を軌道に乗せるために一番大切な事!

創業マネージャー全員一致で「事業計画をしっかり立てる!」でした。

※事業計画は、資金調達するためだけのものではなく、これから事業を始める全ての方に必須です。

創業マネージャーは、事業計画作成のサポートも行っています。

創業に興味関心のある方、創業準備中の方、創業後間もない方のお問合せをお待ちしております。

相談は、無料です。

創業セミナー随時開催中(参加費無料)

 

 

次回は

「創業マネージャーは創業者にとってどのような存在でありたいですか?」

です。お楽しみに!

 

広島県内で創業・起業するなら、ひろしま創業サポートセンターにご相談を!創業マネージャー、創業サポーター(専門家)があなたの創業を後押し致します!(令和3年6月9日)〒730-0052 広島県広島市中区千田町三丁目7番47号 広島県情報プラザ1階TEL:082-240-7702 FAX:082-249-3232