広島県内で創業・起業される方、創業された方必見の情報が盛りだくさん!!

令和2年度『成長支援コーディネーター支援事業』の支援対象事業者の二次募集について

ひろしま創業サポートセンターでは,将来的に成長が見込まれ,創業者自身も成長志向の強い創業案件に対して,創業後の事業成長の後押しに必要な専門的な指導・助言等を集中的に実施し,事業の拡大継続を図る事業者を創出するため,下記のとおり支援事業者を募集します。

【二次募集】令和2年度 成長支援コーディネーター支援事業募集要項

◆◇ 募集期間 令和2年7月16日(木) ~ 8月13日(木) ◇◆

応募要項




概要
(1)成長支援コーディネーターによる支援
成長支援コーディネーター(専門家)がチームを編成して,直面する事業課題や事業成長する上での課題の解決に向けた専門的な指導・助言等を集中的に実施します。(2)創業サポーターを活用した支援
本事業による支援対象者については,ひろしま創業サポータセンターに登録する創業サポーターも活用し(支援開始後2年以内最大24時間まで無料で派遣),経営課題の解決を多角的な面から支援します。

《支援例》支援対象者の経営状況チェック,事業計画との乖離確認・原因分析・対策、顧客獲得策,商品・サービス改善,店舗設備改善,オペレーション改善,業務マニュアルのシステム化,従業員・組織体制改善,人材育成,資金繰り,トラブル対処 など

 








次に掲げる要件をすべて満たす者の中から支援対象者を選定する。

(1)創業事業の本拠が広島県内にある法人又は個人事業主であること(法人の場合は広島内に本店所在地を有し,個人事業主の場合は事業所在地が広島県内にあること)。

(2)創業者が事業成長に向けて意欲があり,経営に前向であること(成長志向の創業)。

(3)創業後5年以内で,本事業の支援により,黒字化(赤字の場合)や売上拡大(最低1千万円以上)または雇用創出(最低1名以上)が見込まれること。

(4)1期以上決算を行っていること。

(5)開業・法人設立日以降,法令に違反したことがなく,かつ,反社会的勢力との関わりがないこと。




本事業に参加を希望する者の手続等は,以下のとおりである。
上記の「支援対象者の要件」を確認の上,必要な書類を受付期間内に提出すること。(1)応募書類の配布及び受付
ア 配布及び受付期間
令和2年7月16日(木)から令和2年8月13日(木)まで【17時必着】
イ 応募用紙
こちらからダウンロード
ウ 提出方法
応募書類を,持参又は郵送にて提出すること。
郵送先:〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ内
公益財団法人ひろしま産業振興機構 ひろしま創業サポートセンター

(2) 応募書類
ア 成長支援コーディネーター支援事業応募申込書(様式1)
イ 会社案内等(1部)
ウ 財務諸表の写し(1部)
《法人の場合》 設立以降の財務諸表(決算報告書)の写し
《個人事業主の場合》 開業以降の財務諸表の写し(青色申告決算書または収支内訳書)の写し
エ 登記簿謄本の写し又は開業届の写し

(3) 応募書類の返却
応募書類は理由の如何を問わず,返却を行わない。なお,応募書類は本事業に係る支援対象者選定の審査及び支援の目的のみに使用し,他の目的には使用しない。

(4)  応募書類の不備
応募書類に不備があった場合には,審査の対象とならないことがある。

(5)  その他
ア 書類提出後の差し替えは認めないものとする(補正等を求めるものを除く)。
イ 提出書類に虚偽の記載をした者は本事業への参加資格を失うものとする。
ウ 提出書類の内容は,公益財団法人ひろしま産業振興機構(成長支援コーディネーターを含む)及び本事業の運営委託元である広島県で共有するものとする。





 審査は,ひろしま創業サポートセンターが設置する「成長支援コーディネーター支援事業支援対象者選定会議」において行う。提出された「成長支援コーディネーター支援事業応募申込書」について,下記(3)の審査基準に基づき審査を行い,一次募集合格者を含む5者を限度に選定する。

(1)第一次審査(書類審査)
※第一次審査の結果は,合否に関わらず応募者に通知する。

(2)第二次審査(面接審査)
※8月24日(月)13時からを予定。
※プレゼンテーション審査を実施する。
※第二次審査の結果は,合否に関わらず応募者に通知する。
※審査内容の詳細・結果に関する個別の問合せには一切応じない。

(3) 審査基準

審査項目 審査内容

意欲・熱意

創業者が事業成長に向けて意欲があり,熱心に取り組む意思を有すること。

事業成長性

本事業による支援により,黒字化(赤字の場合)や売上拡大(最低1千万円以上),または雇用創出(最低1名以上)を見込める可能性を有すること。

課題認識

創業者が現在の事業上の課題や今後事業成長する上での課題等を認識し,自分なりの対応策を有すること。

将来展望

創業者が最近の業績・活動実績を踏まえた上で,今後の展開予定や将来の展望を有すること。

協調性

創業者が本事業の目的達成のため,専門家(成長支援コーディネーター)からの指導・助言等に誠実に対応するなどの協調性を有すること。

 



 支援対象者は,本事業による支援開始後最長2年間にわたり,毎月1回以上専門家(成長支援コーディネーター)と面談し,課題等に誠実に対応すること。





〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ内
公益財団法人ひろしま産業振興機構 ひろしま創業サポートセンター
TEL 082-240-7702 FAX 082-249-3232

令和2年度成長支援コーディネーター支援事業のチラシはこちら

担当窓口

公益財団法人ひろしま産業振興機構 ひろしま創業サポートセンター(担当:武田、牧口)
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ
TEL 082-240-7702 FAX 082-249-3232