お知らせ

【受付中】9/16~MBD PID制御系設計研修(リモート)

研修 2022年07月25日

印刷する

『モデルベース開発』(MBD)は、製造業における開発業務の大幅な効率化及び品質向上を達成すると共に、新しい商品価値を生み出すための手法です。

本研修では、より巨大で複雑なシステムを開発する手法として導入されつつあるモデルベース開発プロセス(V字開発)を学ぶと共に、古典制御(PID)による制御系設計方法を学びます。

お申込みはこちら


■研修日程
9/16(金)、9/21(水)、9/26(月)、9/30(金)、10/3(月)
各日10:00-17:00(休憩1時間を含む)
※5回の講義全てを通しての受講になります
形式:
リモート
講師:
広島大学
受講料:
50,000円(税込)/人 (全5回分)
※受講料の請求書は、申し込み締め切り後に送付します。
※厚生労働省の人材開発支援助成金制度などの活用する場合、主催者側で書類を作成する必要がある場合がありますので、ご相談ください。
≪キャンセルポリシー≫ キャンセルは申し込み締め切り日までにお願いいたします。(〆切日は申込書でご確認ください)
申し込み締め切り日以降の受講者の都合によるキャンセルへの払い戻しは出来ませんのでご了承ください。

定員:
40名
研修内容については こちらをご参照ください
講義ビデオの時間数については こちらをご参照ください

■受講イメージ
研修は主に、講義動画を視聴しながら座学・演習を進めていきます。(※1)
研修が始まる時間に集合していただきます(詳細は受講決定後にご案内します)
各回、出席と連絡事項を確認した後、解散し各自のペースに合わせて講義動画を視聴しながら研修を進めます。
途中、質問がある場合は、会議システムに入っていただき講師に直接質問していただけます。
各Partの「まとめ」動画にアンケートがあり、そちらに質問事項を入力していただいてもOKです。
研修終了時間ごろに集合し、ラップアップを行います。(質問への回答などが行われます)
【5日目の午前中のみLIVE講義】
5日目は、朝集合していただき出席等を確認した後、そのまま実機実験講義(LIVE)に入ります。
(LIVE講義の予定ですが、都合により動画視聴に変更となる場合もございます。予めご了承ください)
【この研修は、修了認定があります】
修了認定基準:出席率80%以上 かつ、レポート評価3以上

・出席率について、救済措置がありますので出席できない場合はご相談ください。
・修了が認定されましたら修了証書を送付します。(参考 前年度修了率100%)
※1 動画の録画、キャプチャなど複製は禁止です。
■受講者の声(2021年度受講者アンケートより抜粋)
何度も見返せる動画での研修はやりやすかった
PID制御器の構造やゲイン設計方法など当初学びたかった内容が一通り学べた
動画教材、実験など、理論の学習だけではなく実際にSimulinkでモデルを作って検証までやっていくことで、大変身になる学習ができた
制御について、より深く学んでいくきっかけになりました、ありがとうございました。
各パートで質問事項について集計し、全員の参考になる質問については全体で共有して頂けたのもありがたかった
研修時間内で理解しきることが難しかったので、少しボリュームが小さければ嬉しいと思いました

■申込方法
ページ末尾の申込書(Excel)をダウンロードしていただき、必要事項をご入力の上、ファイルを添付してE-mailでお申込みください
申込先:
ひろしまデジタルイノベーションセンターhdic@hiwave.or.jp
申込期限:
2022 / 9 / 2(金)(※定員に達した場合は申込受付を締め切る場合がありますのでご了承ください)
お問合せ先:
ひろしまデジタルイノベーションセンター 藤本hdic@hiwave.or.jp

PID制御系設計研修は、MBD研修のアドバンスドコースです
【2022年度のMBD(リモート)研修の予定】
ベーシックコース:
プロセス研修<第四次産業革命スキル習得講座>
(R4.7月)(R4.12月)(R5.2月)開催
アドバンスドコース:
PID制御系設計研修
(R4.9月)開催
アドバンスドコース:
現代制御システム設計研修
(R4.11月)開催
エキスパートコース:
状態遷移研修
(R5.3月)開催
エキスパートコース:
システム同定研修
(R5.3月)開催
プロセス研修と、PID制御系設計研修は、別途オンデマンド形式での研修も開催しております
イベント名 MBDPID制御系設計研修(リモート)
ダウンロード 申込書_MBDPID制御系設計研修(リモート)