お知らせ

【募集終了】MBDプロセス研修(オンデマンド)【5月期】

研修 2022年04月25日

印刷する

モデルベース開発プロセス研修(オンデマンド)

研修期間:5/23(月) ~ 6/10(金)  申込〆切日:4/28(木)

『モデルベース開発』(MBD)は、製造業における開発業務の大幅な効率化及び品質向上を達成すると共に、
新しい商品価値を生み出すための手法です。

本研修では、機械・電気・制御ソフトの全要素が含まれたメカトロシステムの教材を使った演習を通して、
MBD V字開発プロセスを実際に体感し、MBDの意義及び開発プロセスの全体像について理解を深めます。

<<この研修は、3週間にかけて動画を見ながらご自分のペースに合わせて受講できるコースです>>

■カリキュラムの概要・受講要件
カリキュラムの概要や受講要件についてはこちらをご確認ください
■受講料・定員
・受講料:50,000円(税込)/人
 <キャンセルポリシー>
キャンセルは申し込み締め切り日までにお願いいたします。
申し込み締め切り日以降の受講者の都合によるキャンセルへの払い戻しは出来ませんのでご了承ください。

・定員:24名


■受講イメージ
オンデマンド研修モデルベース開発プロセス研修 ❶動画視聴サイトで講義動画を見ながらMATLAB/Simulinkを操作します。(研修に必要なソフトをインストールした端末と、実習用機器(HILシミュレーター)を事務局から貸し出します)
❷各Partの「まとめ」動画にアンケートがあります。質問がある場合はそちらに質問事項を入力してください。(別途、講師から回答します)
❸質問受付を❷とは別に、研修中に必要に応じてライブ対応で1回設けます。(日時については別途連絡します)
❹研修期間内で講義全体を終えてください。
❺「理解度確認テスト」で自身の理解度を確認することができます。
❻研修終了後、貸し出しの端末と実習用機器を速やかにに返却してください。(返送料は事務局負担です)

■講義動画の詳細
標準講義時間:1Part 6時間ほど(動画視聴+演習を含む)
動画時間や項目についてはこちらをご確認ください

■推奨環境
・講義動画はストリーミング配信となっており、オフラインではご利用いただけませんので、
安定したネットワーク環境下にてご受講ください。動画視聴サイト使用可能環境はこちらをご確認ください

・講義動画を見ながらMATLABなどをオペレーションができるよう、2台の端末、または2画面表示できる端末の使用を推奨します。(MATLAB/Simlinkが稼働するPCは、事務局から貸し出します)

■研修に必要なもの

・インターネットに接続できるPC・タブレット等(動画視聴に必要) 各自でご用意いただきます
・MATLAB/Simlinkが稼働するPC 事務局より貸し出します
・HILS(実機実習) 事務局より貸し出します
・研修用テキスト 事務局よりお届けします
・実習で学ぶモデルベース開発ーコロナ社(出版社)( 各自でご用意いただきます
本研修にて配布するのテキストのほかに、
『実習で学ぶモデルベース開発』(コロナ社)を教材として使用しますので、各自ご用意ください。
なお、事務局で一括購入も可能ですので、購入される方はご検討ください。(参加申込書参照)

■リモート研修とオンデマンド研修の違い

リモート研修
オンデマンド研修
講義

(動画視聴+演習)

(動画視聴+演習)
実機実験
×
グループワーク
×
レポート
×
修了認定
×

■申込の流れ
❶申込フォームに必要事項を入力しメールで申し込む
オンデマンド研修モデルベース開発プロセス研修
❷申込後、事務局から受講決定をお知らせします
オンデマンド研修モデルベース開発プロセス研修
❸受講料をお支払いいただきます
(企業として申し込まれる場合で、支払までに時間が必要な場合は、ご相談ください)
オンデマンド研修モデルベース開発プロセス研修
❹事務局から機材とテキストをお送りします
オンデマンド研修モデルベース開発プロセス研修
❺受講開始 オンデマンド研修モデルベース開発プロセス研修
■申込方法:ページ末尾の申込書に必要事項をご入力の上、ファイルを添付してE-mailでお申込みください。
■宛先:hdic@hiwave.or.jp
■申込期限:2022/4/28(木)(定員に達した場合は申込受付を締め切る場合があります。ご了承ください)

■機材の返却
事務局から貸し出す「端末」「実習用機器」は研修終了後速やかに指定の運送会社にてご返却ください。(返送料は事務局が負担します)
イベント名 MBDプロセス研修(オンデマンド5月)
ダウンロード MBDプロセス研修(オンデマンド5月)