第5期イノベーションインストラクター   育成塾 受講生募集

jinzai_images_ikuseizyuku_recruitment4th_headmessage

イノベーションインストラクター育成塾の概要

 育成塾フロー図1

イノベーションインストラクター育成塾では、日々の業務をより効率的に進めながら新しい付加価値を創造して行くために、現場改善・管理技術を身につけ、指導できる人材を育てます。修了生は「ひろしまイノベーションインストラクター」として認定します。現役社員の方は自社の継続的な現場改善活動を、企業OBの方は中小企業からの要望に基づいて、現場の改善活動を支援していただきます。

カリキュラムの特徴

 この講座のカリキュラムは、中小企業の現場改善に実績・定評のある(一社)ものづくり改善ネットワーク[代表理事 藤本隆宏 東京大学大学院教授]と連携し、概論(動機付け)・手法(理論・演習)・現場実習・成果発表という4つの体系で構成され、ものづくりの共通課題である現場改善(Q・C・D)に焦点を当てて「ものづくりの流れ」を効率化する実践知を学びます。講義は、現場改善に豊富な経験を有する県内講師や東京大学ものづくりインストラクタースクールの修了生が担当します。

jinzai_images_ikuseizyuku_recruitment4th_ikuseizyukuflow

 改善報告会 カリキュラム終了の約2ヶ月後、自社の改善事例について全員が報告を行います。これは育成塾で学んだことを活かし、自社での改善活動を促進させることを目的としています。

現場力向上の効果

jinzai_images_ikuseizyuku_genbakaizenkouka

受講生の声

  • 講義の中で実際に演習する時間があり、理解が深まった。
  • 実演→分析→改善のステップに沿った演習で、改善の考え方が理解しやすかった。
  • 様々な業種の方の意見・情報を得ることができ、同業だけでは成し得ない貴重な時間だった。
  • 実際の現場で活動したことで、今後の自社での問題解決に役立つ実践的な講義だった。

第5期イノベーションインストラクター育成塾 受講生募集概要(くわしくは募集案内を参照ください)

  • 受講期間:平成29年9月13日(水)~11月29日(水)間の18日(週1日~2日)
           改善報告会 平成30年2月16日(金)
  • 受講場所:福山市ものづくり交流館 セミナールームA又はB
           実習先・福山市およびその周辺企業
  • 募集定員:12名
  • 募集対象:下記の要件を満たし、ものづくり(生産管理・品質管理・製造技術等)の知識・
           経験を有する方
    • 県内に事業所を有する中小企業の現場リーダーや経営幹部。
    • 県内在住者でものづくりや現場改善に関する経験を有する退職者等。
  • 受講料(消費税込):現役社員(1名) 150,000円  企業OB(1名)50,000円
     ※現役社員の方は、受講に係る費用の一部が厚生労働省「人材開発支援補助金」の対象となる可能性が
      ありますのでお問い合わせください。
  • お申込み:申し込み書類をご記入の上、平成29年8月8日(火)必着
         (公財)ひろしま産業振興機構ひろしまものづくり人材育成センターまで
          ご郵送またはご持参ください。