信用状 L/C

(「海外取引Q&A」掲載)

Q.
 取引先(タイ)の製造業者から、輸入商品代金の決済として信用状(L/C)の開設依頼を受けました(いままではすべて事前に送金していました)。輸入L/C決済の仕組みと注意点を話して下さい。



A.

 貿易取引の決済においては、信用状(Letter of Credit またはL/C)による決済方式は一般的です。正しくは、荷為替信用状と呼ばれるものです。輸入業者は、信用状開設のために銀行の与信審査を受ける必要があります。審査がとおれば、信用状取引約定書を差し入れなければなりません。従って取引銀行と前もって協議しておくことが肝要です。見ず知らずの銀行へ行っても、また現金を持って行っても、信用状を開設してくれないことを理解して下さい。前ページの図に従って、信用状(L/C)決済の仕組みを説明します。

@ 買主(輸入業者) 買主が輸入地の銀行に依頼して開設されるのがL/Cです。この時買主は、L/C開設依頼人(Applicant)と呼ばれます。
A 輸入地銀行(開設銀行) 買主の依頼を受けてL/Cを開設し輸出地の銀行へ送ります。L/C開設銀行(Issuing Bank)と呼ばれます。
B 輸出地の銀行(通知銀行) L/Cの到着(接受)を売主に通知します。この銀行は、L/Cの通知銀行(Advising Bank)と呼ばれます。
C 売主(輸出業者) L/Cの条件に従って貨物を手配し、船積書類を作成し、貨物と書類を船会社に渡し、輸入地への出荷を依頼します。
D 船会社 貨物を出荷した船会社は、出荷した証拠として船荷証券(B/L)を発行して売主に渡します。
E 保険会社 売主の依頼を受けて保険会社は、保険証券を発行します。
F 売主(輸出業者) 船会社と保険会社から入手した必要書類(船荷証券&保険証券)を揃えて、輸出代金を回収するために荷為替手形(Bill of Exchange)を振り出して輸出地銀行に買取りを依頼します。
G 輸出地銀行(買取銀行) 売主からの買取依頼を受けて、書類と手形がL/Cの条件と合致していれば、手形と書類を買取ってくれる銀行を買取銀行(Negotiation Bank)と云います。売主から買取った手形と書類をL/C開設銀行に送り、同時に売主に支払った手形代金の払い戻しを要求します。
H 輸入地銀行(開設銀行) 買主に代金を支払ってもらうために書類の到着案内(ARRIVAL NOTICE)を送って、決済を要求します。
I 買主(輸入業者) 必要書類がないと輸入貨物を引き取ることができませんので、開設 銀行で輸入代金を決済して書類を受け取ります。

J そして書類と引き換えに船会社から貨物を引き取ります。


K 輸入地銀行(開設銀行) 買主から手形代金を受け取った開設銀行は、その代金を買取銀行に払い戻します(このことをREIMBURSEMENT と云います)。